キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 宮城の土地で容積率を求める : 青葉区の土地をまとめました

宮城の土地で容積率を求める

知っておきたい宮城に土地を買う際に容積率の求め方と、さまざまなケース、セットバックが必要な物件も

青葉区の土地をまとめました

宮城の土地で容積率を求める

宮城で土地を買って建物を建てる時に知っておきたい言葉のひとつに、容積率というものがあります。

容積率は、建物の延べ床面積の敷地面積に対する割合のことを言います。

建物の各階の床面積の割合や階数は関係なく、合計の数値で判断します。

土地に対して適用される容積率には限度があり、都市計画が定めている「指定容積率」と「前面道路による容積率」の、厳しいほうの数値が適用されます。

指定容積率で言えば、用途地域との組み合わせで、50%から1300%と非常に幅広い数値になっています。

また、前面道路による容積率では、敷地が接している道路の幅員が12メートル未満の時に適用されます。

12メートル以上では、指定容積率が適用されます。

前面道路による容積率では、原則として住居系の用途地域で道路幅員×0.4、それ以外では道路幅員×0.6で数値を求めます。

住居系地域で指定容積率が150%の敷地があったとして、全面道路の幅員が4メートルならば、4メートル×0.4で160%になるので、厳しい方の指定容積率150%が適用されます。

全面道路が幅員4メートル未満であった場合は、法42条2項道路のようなみなし道路であった場合、4メートルとみなす代わりに、セットバック部分を除外するなどが必要になります。

角地や両面道路のケースでは、最も広い方の道路の幅員を適用します。

宮城の土地が容積率の違う複数の地域にまたがっているケースもあります。

この場合、地域ごとに延べ床面積の限度を求める必要があります。

それらを合計して、敷地全体の限度を出します。

限度の合計数値を敷地全体の面積で割り、容積率を求めます。

関連記事⇒[土地価格と容積率はどんな関係があるのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) 青葉区の土地をまとめました All Rights Reserved.